--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2007.07.19 18:53

3日前、穏やかな休日の午前10時過ぎ、(私の心の中はshinさんへの不満が溜まっており、穏やかではなかったけど←原因はもう忘れた)突然“ミシミシ”ってスゴイ音がしました。私はすぐには揺れに気付かず、何の音だ???…と思った直後にもの凄い揺れが来ました。とっさに椅子に座っていたharuを抱き上げ、そのまま硬直して揺れが収まるのを待ちました。madoはshinsさんが抱っこしており、暫くの間めまいのように揺れる中、二人で立ちすくんでいました。
結構長い間揺れていたように感じます。 すぐにTVをつけると、新潟県柏崎市が震源で、震度6強だったとのこと。我が家は震源地から離れた場所で、震度5弱だったので大きな被害はありませんでした。
しばらくTVを見ていると、原発から黒煙があがってくる映像が出てきて、鳥肌がたちました。これからとんでもないことが起こってしまうのか???という恐怖感が湧いてきました。 不幸中の幸いで、今の所人体に影響を及ぼす被害はないとのことですが、まだ完全には安心できない状況と思われます。

阪神大震災、中越地震、能登半島地震の時と同様、徐々に被害状況が分かってきてその被害の大きさに胸を痛めています。 つい3年前の中越地震の時にはharuがお腹の中にいて、shinさんは飲み会に行っており、私は自宅で一人で過ごしていたのをはっきりと覚えています。その時も何も出来ずにじっとしていました。 

中越地震の時と同じく、ボランティアに行きたい気持ちでいっぱいですが、乳飲み子を置いて行くわけにもいかず、なにも出来ない歯がゆさでいっぱいです。少しでも役に立てるように、昨日義援金を振り込んできました。銀行の人もまだ振込先などの案内がよく分かっていないようで、しばらく時間がかかりました。少しでも多くの人が助け合う気持ちを持って、少しでも被災者の方々の力になってくれたらと願っています。 地震大国日本で、自分がいつ被害者になるかわかりません。その時に「あの時おおしておけば良かった」と後悔しないように今自分に何が出来るかを改めて考えて行きたいものです。

被災者の方々は不自由で不便でつらい毎日が続いていますが、一日も早い復旧を願っています。何とか暑い日々を乗り越えて欲しいものです。

      ~ がんばろう! 新潟!! ~
スポンサーサイト

テーマ : 育児日記 - ジャンル : 育児

| 社会 | コメント(2) | トラックバック(0) | |

2006.07.17 23:13

まだまだ大雨の続いている今日この頃・・・海の日だというのに最高気温が24℃って・・・さみ~よ。
つわりは殆ど終盤になってきたようですが、時々起こる胃痛が少しつらい感じです。それでも食事を美味しく食べられるようになってきたので明日からお弁当作り(自分の分のみですが)再開しようかな~ 

それはそうと、最近haruの成長が著しいような気がしています。人のマネをよくするようになってまいりました。昨日は私の実家に行って、ばあばと外で遊んでいたら猫がいたそうで、ばあばが猫を呼ぶように舌を鳴らしていたらharuもマネしてニコニコしながら舌を鳴らしはじめたそうです。そんな些細な行動が可愛くて可愛くて
毎日いろんなことを吸収しているんだね~!! 親として“見られている”ってことをもっともっと意識していかないと 

親としてといえば、最近母親が自分の子を殺害してしまうという事件が多すぎる!! 秋田の事件なんて、被害家族を装っていながら自分が犯人だったりして、大人の都合で子供を産んで、大人の都合で邪魔になったからと言って殺してしまうなんて、同じ母親としてほんっっとに許せない行為です。こうして活字にしているだけでも恐ろしいような気がしてならないのに。 
正直、私も決して良い母親ではないとは思います。もちろん子供に手をあげたりするわけはないですが、子供がいることで、自分の時間を制限されることも多々ありますし、自分にも自由な時間が欲しいなぁ・・・と思うことはしょっちゅうあります。育児って大変なことだと思うし、程々に自分の時間も必要だと思います。 だから私は頼れる人には頼っているつもりだし、それで相手も喜んでくれることもあります。人間ってそうやって助け合っていくものだと思っています。もちろん逆に頼ってもらうと嬉しいことだって沢山あります。 今回の容疑者にはそういう人がいなかったのかな? だとしたらどうして夫と別れた後に自分が子供を育てようと思ったんだろう?? ニュースによると容疑者のお子さんは母親思いで、容疑者が朝遅くまで寝ていると一人でカップラーメンを作って食べて学校に行っていたということだった。その行動さえおかしな話で、お子さんとしては母親に“良い子”って認められたかったんでしょうね。そんな気遣いを9歳にして覚えてしまう家庭環境って・・・。

子供を育てていれば、きっと辛いことも頭にくることも、思うようにいかないことも沢山あると思うけれど、それ以上に得られるものの方が多いと思う。子供の笑顔を見るだけで相当のパワーをもらえるし、自分も一緒に成長していかなきゃなってすごく思う。きっと世の中、今回の事件のような母親を許せないと思っている人が殆どであると思うが、今後もこのような子供が犠牲になってしまう事件は続くかもしれない。
逆に犯罪の若年齢化も問題となっているが、これはやはり育てている親(大人)に原因があると思う。 ・・・と言う私も決して子育てに自信があるわけでもなんでもないが、自分も子供の背中を見ながら成長したいと思うし、子供にも自分達の背中を見て何か得るものがあるような存在でいたい。何でも助けてあげるのではなく、見守りながらエールを送り、時々お手伝いをしていけるような親でありたいと思う。あくまでも理想ですが・・・

  このような辛い事件が今後なくなることを心から祈ります。

テーマ : 育児日記 - ジャンル : 育児

| 社会 | コメント(2) | トラックバック(0) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。